2対2での合コン活用術

カテゴリ:合コン  2013年7月30日 配信

2対2での合コン活用術をご紹介します。


合コンの人数には、それぞれの「特徴」があります。


少人数での合コンの場合は、


じっくりとお互いを観察できるメリットがあります。


ハズレの場合は逃げる場がなく、最低2時間くらいは


我慢しておつきあいしないといけないという面もあります。




少人数合コンの場合は事前に相手メンバーのリサーチが必須です。


男性サイドのルックスや性格やセンスなど、


できるだけハズレなしの場合を狙って


開催する事をおススメします。




2対2の合コンの裏ワザ的な活用方法もあります。


大人数で開催した合コンメンバーの中で、


気になった人を絞り込みたい場合、


後日、2対2の合コンを開くのです。




一度、面識があるので以前よりも深いトーク展開ができ、


さらに親睦が深まるでしょう。


さらに、もうお互いの相手が見えている場合は、


最初に2人で会ってから、


それぞれが合流し、4人で食事をしたりもできます。




2対2の合コンは、


①出来る限りハズレのない様に開催するか、


②本気の相手を見極める絞り込みの場として活用することです。




是非、ご活用下さい。


【おすすめ記事】

イケメンじゃなくてもモテる戦略(前編)

最近の婚活パーティー事情

合コンで女性からうざがられる女性の特徴

恋活で駆け引きをすると疲れる理由

恋活でつかえるデートのテクニック