合コン幹事成功の手順

カテゴリ:合コン  2013年8月12日 配信

合コンの幹事の役割は、面倒なことがたくさんあります。


面倒な幹事の仕事を、スムーズに成功させる手順をご紹介します。




①開催人数調整

相手幹事とのメールやりとりで人数を決めましょう。


大体3、4人ずつがオススメです。




②友達にお誘いメールを送る

初めの難関が、お誘いメールを送ることです。


返事が遅い人だと、なかなか確定させられず手間が掛かるので、


早く返事をくれる友達最優先で誘うのがコツです。




③お店を決める。

自分で決めなくてはいけない場合、


クーポンの使用で安くなるコース料理があります。


探すとかなり安いコースもあるので、


費用を浮かせる事ができて便利です。


ただ、せっかくの合コンなので、安さの追求だけはやめましょう。


あくまでもバランスが大切です。




④合コン当日の流れ

着席→乾杯→自己紹介→フリートークが主な流れです。


自己紹介は何を話せばよいか、迷う方も多いと思います。


名前、趣味は必ず話しましょう。


職種や年齢などは、聞かれたら言うようにすることもあります。




注意ポイント

会話中、相手があまり話したくない事はNGです。


女性メンバー個々の勤務先の社名をしつこく聞いている人がいた場合、


他の話にそ向けるようにするなどして、


一緒に連れてきた人が嫌な思いをしないよう心掛けるのも必要です。




⑤合コンメンバーからの反応

後日友達から、「隣の人苦手なタイプだった」と


聞いた事はないでしょうか。


これは席替えをすれば改善できたということです。


雰囲気から席替えが必要そうな場合は、


幹事から席替えを提案すると良いと思います。




⑥合コン当日~合コン終了後

合コンは、その場を楽しむ事が大切です。


当日のメンバーに好みの人がいなくても、


お礼メールくらいはしておきましょう。


その後、また他の友達を誘って新たなメンバーと飲む事になれば、


中に好みの人がいるかもしれません。




合コンの幹事をする方へのアドバイス

面倒な事も多いですが、人の輪が広がるのだと思って、


マメに動いてみてください。


幹事は結構、モテることが多いですよ。


【おすすめ記事】

片思いを続けるための心得

男性を頼ってドキドキさせる行動(前編)

デートに誘うきっかけの作り方(前編)

結婚できそうな人 と そうでない人(その2)

合コン後のメールのコツ