合コンでの自己紹介のポイント

カテゴリ:合コン  2013年8月14日 配信

合コンの時の自己紹介は、皆の注目が集まる瞬間です。


少し緊張してしまう人が多いのではないでしょうか。


色々な事は、これから話をしてけばいいので、


簡潔に話すのがポイントです。




名刺交換のような感覚で

自己紹介を名刺交換だと考えてみてください。


名刺には、会社によってデザインや内容が異なりますが、


どの会社も「社名」「役職」「名前」「連絡先」が載っていますよね。


そして、裏面に事業内容や宣伝広告が載っている事が多いです。


渡された相手は、それを見て、相手の事を覚えます。


初対面では、名刺を見ながら質問する事も多いですよね。




印象を良くするポイント

合コンの自己紹介は、名前・年齢・職業を伝えれば、十分です。


名前のすぐ後に、自分のあだ名を入れるとグッと親しみがわきます。


また、好感・興味を持ってもらう為に、


イメージをつけてもらいやすい事を一言付け加えると、


自己紹介後の話に入りやすいですよ。



■「高校までサッカーをやってました」

→元気で活発そうなイメージがわきます


■「今は渋谷区に住んでいるのですが、出身は秋田の田舎です」

→上京して、一人暮らししてるのかな?というイメージ


■「人見知りはあまりしませんので、よろしくです。」

→気軽に話かけやすいイメージ



これらの一言をつけ加えるだけで、次の会話の種まきになります。





順番

自己紹介の順番は、率先して男性陣から始めるか、


幹事の男性から時計回りに自己紹介するかのどちらかが良いと思います。


男らしくサクッと始めましょう。






合コンの自己紹介で好印象を与えると、


その後の会話も盛り上がりやすいですよ。


合コンに参加するときは、参考にしてみてくださいね。




【おすすめ記事】

男性が守ってあげたいと思う女性の特徴

合コン継続は女子力アップも期待できる

合コンを成功させるチームワークのポイント

男性の行動で勘違いしそうになる瞬間

合コンの「最初の挨拶」は『笑顔』を意識して